2010
03.21

http://drupal.jp/drupal6/quick_start

ここを見ながら

————————————————————————————-

coreserverで使う場合の設定

http://drupal.0829.info/installation-and-configuration/before-installation/xrea-xrea

————————————————————————————-

http://drupal.jp/

よりDrupalをDLして解凍

————————————————————————————-

.htaccessの以下の部分のコメントアウトを外す

# magic word for xrea.com
# <Files index.php>
#   AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
# </Files>

↓↓↓↓

# magic word for xrea.com
<Files index.php>
  AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

————————————————————————————-

Drupalディレクトリに以下の内容のphp.iniを作成

; magic word for mbstring
mbstring.language = neutral
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = off
mbstring.func_overload = 0
mbstring.internal_encoding = UTF-8

————————————————————————————-

scripts ディレクトリは Drupal の動作には不要であり、セキュリティ上好ましくないので除外
robots.txt 以外の、拡張子が .txt のファイルも不要ですので除外

————————————————————————————-

以上完了したらアップロード

————————————————————————————-

パーミッション変更
sites/default/settings.php (666)
sites/default/files (777)
sites/default/files 以下にある全てのディレクトリ(color, css, js, languages, pictures, tmp) (777)
sites ディレクトリ以下の各ディレクトリ内にある、ファイル .drupal はこの時点で不要なので削除してもOK

※モジュールやテーマをインストールする際には、sites/all 以下の modules や themes ディレクトリにインストールすること

————————————————————————————-

インストールしたURLにアクセスするとインストール画面になる
(その前にデータベースを作成しておく)

1.日本語プロフィールを選択し【Save and continue】
2.データベース情報を入力し【保存して次へ】
3.サイトの環境設定情報を入力し【保存して次へ】
ここで /sites/default/settings.php の書き込み権限を取り除くようにメッセージが表示されている場合、指示に従ってパーミッションを 644 などの読み込み専用権限に変更する。
また、 install.php ファイルと profiles ディレクトリは、もはや不要ですのでついでに削除しておくとよい。
4.日本語プロフィールのインストールが完了しましたと出れば完了

No Comment.

Add Your Comment